NEWS

お知らせ
2018年12月4日   NEWS

NEDO「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期/ビッグデータ・AIを活用したサイバー空間基盤技術」に採択

日本テクトシステムズ株式会社は、株式会社アルム、データセクション株式会社、学校法人慈恵大学東京慈恵会医科大学、と共同で「遠隔医療AIが連携した日本式ICT地域包括ケアモデルの研究開発」を実施いたします。
本事業は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が管理法人として採択するもので、多様なニーズと潜在的なニーズにきめ細かく対応したモノやサービスを提供することで、人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる人間中心の社会(Society 5.0)を実現するために、ビッグデータをAI(人工知能)で解析し、高付加価値情報としてフィジカル(現実)空間にフィードバックする「サイバー空間基盤技術」の研究開発を府省の枠を超えた産学官連携体制で推進し、社会実装を目指すものです。
 
 

NEDO

詳細はNEDOのニュースリリースをご覧ください。

採択テーマおよび委託予定先 一覧