Products

製品・サービス
MRI画像ビューア

BRAINVIEW

汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
医療機器認証番号:301AOBZX00007Z00
BRAINVIEW

全脳を133の解剖学的部位に分割、表示します。
個人ごとに、海馬のみならず全ての部位の3次元カラー表示、体積測定が可能です。
※BRAINVIEWは、独自に作成し、松田 博史教授(元国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター センター長)監修の日本人脳アトラスを採用しています。

  • マルチデバイス対応
    マルチデバイス対応
    PC・タブレット・スマートフォンなど、医療施設内でお使いのデバイスにマルチ対応。場所を選ばずお使いいただけます。
  • 日本人脳アトラス
    日本人脳アトラス
    独自開発の日本人脳アトラスを採用することで、一人一人、精度ある脳部位分割を実現しています。
    ※BRAINVIEWは、松田 博史教授(元国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター センター長)監修の独自開発脳アトラスを採用しています。
  • 独自の画像処理技術
    独自の画像処理技術
    MRI・T1強調画像を独自のアルゴリズムで変換・処理して海馬のみならず、133に及ぶ解剖学的部位全てを3D表示します。
  • 体積測定等その他機能
    体積測定等その他機能
    部位分割・表示機能、3D表示機能のほか、体積測定などの機能も備えています。

Medical Device Programs

プログラム医療機器

BRAINVIEWは平成26年11月25日施行「医薬品医療機器等法」における医療機器プログラムとして認証されました。
一般的名称:汎用画像診断装置ワークステーション用プログラム
販売名:汎用画像診断装置用プログラム BRAINVIEW
医療機器認証番号:301AOBZX00007Z00
クラス分類:管理医療機器

※このページの情報は医療従事者向けです。

認証プログラム医療機器

About

BRAINVIEWとは
BRAINVIEWとは

BRAINVIEWは、磁気共鳴画像装置(MRI)、汎用画像診断装置ワークステーションの情報を更に処理して診療のために提供するプログラムです。
医療施設外に設置されたクラウドサーバーにあらかじめインストールされ、施設内にあるクライアント(汎用IT機器もしくは汎用モバイルIT機器)からWebアクセスすることで使用できます。
また、上記のほか、医療施設に設置されたサーバーPC(汎用IT機器)にインストールし、医療施設のクライアント(汎用IT機器もしくは汎用モバイルIT機器)からWebアクセスすることで使用することもできます。
なお、医療施設に設置されたサーバーPC(汎用IT機器)にインストールする場合は、ダウンロードで提供されます。

Conditions

BRAINVIEWでの入力画像の条件
  1. 3次元T1強調像
  2. 矢状断(sagittal)
  3. スライス厚0.8~1.5mm程度
  4. 全脳をカバー(スラブ厚16~18cm程度)
  5. 両耳をカバー
  6. 画素数256×256程度
  7. AC-PCラインが水平に近い
  8. 灰白質と白質のコントラストが良い
  9. 画像にムラがない

ノイズやアーチファクトは、解析精度が低くなる要因ですので、ご注意下さい。

Operating Enviroment

動作環境

BRAINVIEWは、下記の仕様を満たす汎用IT機器もしくは汎用 モバイルIT機器に操作マニュアルに記載された手順でインストールして使用します。
汎用IT機器もしくは汎用モバイルIT機器からは、Webアクセスすることで使用することができます。

クラウドサーバー又は医療施設サーバーPC用の汎用IT機器

OS Cent OS 7
CPU Intel Corei7以上
解像度 1024×768以上
メモリ 16GB以上
HDD空き容量 1TB以上

クライアント(汎用IT機器及び汎用モバイルIT機器)

OS Windows 10以上
iOS9以上または
Android7以上
CPU Intel Corei7以上
解像度 1024×768以上
メモリ 8GB以上
HDD空き容量 1GB以上

CONTACT

お問い合わせ

製品に関するお問い合わせや資料請求など、お気軽にお問い合わせください。