認知機能みまもりAI誕生あたまの健康わかりますスマホで簡単20秒

ONSEI-app
アプリのダウンロードはこちらから
  • apple store
  • google _play

音声から音声特徴量を抽出し、
AIが解析することで、認知機能の変化をチェックします。

使用例01 使用例03 使用例02

声で判定する新しい認知機能チェックツール『ONSEI』は、
認知機能の変化を簡便に知ることができるアプリです。
銀行や薬局、自治体など様々な場面でご利用いただくことができます。

Reliability

ONSEIの製品的特徴と信頼性
  • 20秒で誰にでもチェックが可能

    20秒で誰にでもチェックが可能

    タブレットやスマホに実装されたガイダンス通りに、生年月日、今日の日付・曜日を回答するだけです。開始から解析完了まで20秒です。

  • 正分類率93%

    正分類率93%

    93%の正分類率で認知機能の変化をチェックします。しかもこの正分類率は、判定の難しい「軽度」でのものです。自治体、店頭、介護事業所など非医療施設に適しています。

    ONSEIの開発へ
  • 高い信頼性・明確な学術的背景

    高い信頼性・明確な学術的背景

    国立精神神経医療研究センター舞草伯秀研究員らにより、老年医学誌に論文が掲載され、エビデンスを蓄積しています。
    「Automatic detection of Alzheimer’s dementia using speech features of Hasegawa’s Dementia Scale-Revised」Geriat. Med. 57(2):157~165, 2019

  • 監修

    監修

    認知症医療の第一人者、本間昭医師
    (公益法人老年精神医学会元理事長、社団法人認知症ケア学会元理事長)により監修されています。

How To Use

ONSEIの使用方法
  • Step 1

    アプリが質問を出す

    アプリが質問を出す
  • Step 2

    利用者が声で答える

    利用者が声で答える
  • Step 3

    AIが声を解析、
    すぐに結果が出ます。

    AIが声を解析、すぐに結果が出ます。

Decline

認知機能の低下について

認知機能の状態は、様々なことに影響されると言われています。

  1. 「お酒を飲みすぎた」
  2. 「寝つきが悪い・睡眠不足だ」
  3. 「体調がおもわしくない」
  4. 「嫌なことがあった、ストレス感がある」
  • 認知機能の低下について
    • 仮に『認知機能が低下』していたとしても、そのすべてが 『認知症』に直結するものではありません。
    • すぐに「認知症なの?」と必要以上の心配をするよりも、 まず、心身を整えることを優先してみて下さい。次は「認知機能が維持されています」になるかもしれません。
    • もし何回チェックしても「認知機能に変化が…」という場合には、医療機関に相談してみましょう。

Development

ONSEIの開発
ONSEIは、
  1. 基本周波数、声道特性を示すMFCC他、音源特性、音高・音色変化、時間変動成分など1008要素の音声特徴量
  2. 神経心理検査の設問種・得点
  3. 勾配ブースティング、SVM、ランダムフォレストなど複数の機械学習アルゴリズム
  4. その他、年齢情報、独自に開発した実用上の利便性ファクターをパラメーターとして、軽度のアルツハイマー病と健常者とを、正答率約93%での判別を可能とする新たなアルゴリズムを探索し、製品開発をしています。
    ※製品開発にあたっては、専門医療施設でDSM-5基準により正確に、軽度AD、健常と判別された数百人分の高齢者の音声データを活用しています。

ONSEIの開発 ONSEIの開発