DEMENTIA・MCI

認知症・MCIを知る

認知症とは

 認知症って何?

認知症とは、何らかの病気や障害により脳の神経細胞が壊れるために起こる、もの忘れをはじめとした記憶や思考の能力が低下していく症状のことをいいます。認知症は「脳の老化によるもの忘れ」とは違い、進行すると理解力や判断力が低下し、日常生活や社会生活に支障が出てくるようになります。

高齢化社会の日本では現在、85歳以上の4人に1人が認知症といわれ、認知症は重要な問題となっています。2025年には、認知症の人は約700万人(2012年462万人)、65歳以上の高齢者の5人に1人(2012年7人に1人)となると推測されています。また、65歳未満でも脳血管障害や若年性アルツハイマー病の為に認知症を発症する「若年性認知症」のケースも見られます。

認知症高齢者の将来推計

認知症高齢者の将来推計
資料:「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」
(平成26年度厚生労働科学研究費補助金特別研究事業 九州大学 二宮教授)により速報値

 認知症によるもの忘れと老化によるもの忘れの違い

  老化によるもの忘れ 認知症によるもの忘れ
原因 脳の老化により起こる 脳の神経細胞が壊れることにより起こる
もの忘れの範囲 体験したことの一部を忘れる 体験したことを全て忘れる
自覚 もの忘れを自覚している もの忘れに気づかない
進行度 あまり進行しない だんだん進行する
日常生活 支障がない 支障をきたす

認知症の種類

 認知症の症状が現れる主な疾患の種類

変性性認知症

認知症を引き起こす70種類以上ある病気のうち、もっとも多いのが、脳の神経細胞がゆっくりと死んでいく「変性疾患」と呼ばれる病気です。アルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭葉変性症などがこの「変性疾患」にあたります。
•アルツハイマー型
認知症の原因としてもっとも多い病気で、もの忘れから始まり徐々に症状が進行していく進行性の病気です。脳にできるアミロイドベータやタウという異常なタンパク質が脳細胞の働きを弱めて死滅させることが原因と見られており、記憶を司る脳の海馬周辺から脳が左右対称に萎縮していきます。病気の経過や症状は個人差が大きいのが特徴です。
•レビー小体型
脳にレビー小体という異常なタンパク質が大脳皮質に広がって起こるもので、実際にはないものが見える幻視や妄想などの精神症状とパーキンソン病のような症状が伴います。1日の中で症状に変動を生じるのが特徴です。
•前頭側頭葉変性症
初老期や65歳未満の若年性認知症患者に発症することが多く、脳の前方や側頭の神経細胞が壊れ大脳が萎縮することによりって起こる病気です。「人間らしさ」を担う部位がある前頭葉や側頭葉の異常が目立つため、症状の進行に伴い、人格の変化や常同行動、異常行動が見られるのが特徴です。

脳血管性認知症

変性疾患に次いで多いとされているのが脳血管性認知症で、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳動脈硬化などの脳の血管の異常により起こる認知症です。脳梗塞や脳出血を何度か繰り返すことで脳の機能が低下し、脳血管障害を起こすたびに症状は脳血管障害を起こすたびに進行します。脳血管性認知症は高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が原因と言われており、初期症状として、もの忘れの他に、高血圧や頭痛、めまいや四肢のしびれ感などが出ることがあります。脳の血管異常により障害を受けた場所と正常に働いている場所が混在しているため、認知症の症状にムラが生じることが多いため、「まだら認知症」ともよばれています。アルツハイマー型認知症が女性に多いのに対し、脳血管性認知症は男性に多い病気です。

 認知症の原因となる病気の割合

認知症の原因となる病気の割合
資料:東京都「認知症の人にやさしいまち 東京を目指して知って安心認知症」より
認知症の原因となる病気には、主に「アルツハイマー型」「脳血管性」「レビー小体型」の3つがあり、もっとも多いのがアルツハイマー病です。

認知症の原因と症状

 認知症の原因

認知症の原因は、脳の病気です。そのうちおよそ60パーセントがアルツハイマー型、20パーセントが脳血管障害と言われています。また、このような病気以外にも、本人の身体・精神状態や周辺の環境状態なども大きく関係しています。

 認知症の症状

認知症の症状には、どの認知症にも必ず見られる中核症状と、周囲の環境や健康状態によって起こる周辺症状(BPSD)があります。中核症状は認知機能障害とも呼ばれ、記憶障害や失行、失認、失語、見当識障害(時間や場所を間違える、知っている人を見ても誰だかわからない)などの症状が現れます。周辺症状は、不安や抑うつ、幻覚・妄想といった精神的なもの、徘徊、摂食障害、睡眠障害、攻撃性など行動的なものがあります。どちらも、本人を取り巻く環境が大きく影響しているため、周囲の人の適切な対応や環境を整えることにより症状が緩和することがあります。

 認知症の治療法

中核症状については薬物療法を、周辺症状については薬物療法や非薬物療法を選択します。 認知症の治療法

MCI(エムシーアイ)とは

 MCIって何?

MCI(Mild Cognitive Impairment)とは、軽度認知障害といわれ、認知症ほど生活に支障がないが、正常な「もの忘れ」よりも記憶などの能力が低下していると自覚できる、認知症の一歩手前の状態のことをいいます。MCIと診断されてから認知症の診断ができる程度に進行するまでには、通常5〜10年かかると言われています。また、MCI の人のうち平均で年間約10%の人が認知症になる可能性があると言われています

 MCIの症状

• 昔から知っている物の名前が出てきにくい(代名詞を使って話すことが増える)
• 最近の出来事を忘れることがある(みんなで経験した共通の出来事を1人だけ忘れることがある)
• 雑談をしにくい(最近の話やみんなの話題についていけないことがある)
• 積極性の低下(好きな習い事に行くのを嫌がる、理由をつけて休もうとする)
• 約束を忘れる(集合の日時を間違えることがある)
• 料理に時間がかかる(物事の段取りが悪くなる)

 MCI 5つの定義

• 本人または家族から記憶障害の訴えがある
• 日常生活は普通にできる
• 全般的な認知機能は正常
• 年齡や教育レベルのみでは説明できない記憶障害がある
• 認知症ではない